子どもを”怒ってもいい” ( ◠‿◠ )

娘が大好き過ぎます!!笑

いきなり笑

そしてトイレでの写真失礼しました笑

いやーほんとーに可愛い♡

毎日娘にまある可愛いー!だいすきー!と
何回もチューしてます笑

が!!!

そんな私も娘に怒らないわけではありません

怒ったらクレヨンしんちゃんのみさえ状態!笑

玉城みさえ

になります笑

うわぁあー!!!!
これマーマーの大事なやつやーん!
もぉー!!!!!!!!
(そんな大事なもん手の届くとこに置くからや笑)

えっぇえー!!!!
もうやめてくれぇー!!れれ!

もー歯みがき渡さないならマーマ先寝るかね!!!!!!!!!!!!!

って言ってます笑

子育てで、怒ったららダメとか怒らないのも良くないとか 親になると、そういう細かい選択で迷うこと沢山出てきますよね

でも

怒る=その人が嫌い

という方程式ではないですよね^ ^

あー。あの時怒ってしまった、

という罪悪感が出たりもしますが、

“怒ってもいい”

と自分の感情にオッケーを出すと

子どもへの罪悪感ではなく、自分自身への気づきに変換する気がします

あー、何で自分怒ってたんだろう?

子どもが○○した時に片付けするのが面倒くさいから怒ってたなー

あれ?それって子どものせいじゃなくない?

そうだね!片付けするのが面倒くさいなら次からこうしよう!

と自分の感情の根っこに気付く事が出来て

また更に娘や自分に愛情を感じます^ ^

そうやって怒ったり、感情を表現することで子どもも同じ様に感情に蓋をすることなく表現出来るのかなと思っています

お母さんになったからって

怒ったらいけない、泣いてはいけない

なんて 辛すぎるー(´;Д;`)

昨日の事ですが、
娘がボールペンで私の頬をぶっ刺した時に
痛すぎて うぇーん ってやってたんですね

そしたらしばらくして私の頭を撫でて

めんね って言います笑

可愛いでしょー?笑

私がまあるに理不尽に怒ってしまった時にやってる事を同じように私にしてくれてます^ ^

その時は感情のまんまにぶわぁー!となっていますが、
振り返った時に あれ?これ私が伝えたかった事じゃなかったな とか 意味なく相手を悲しませてしまったな と振り返って気付いた時に ごめんなさい と素直に謝るようにしています

パートナーと喧嘩した時とかよくそういうのないですか?^ ^

私と旦那との暗黙のルールで24時間以内に謝ればオッケー!
という玉城家です笑

素直にごめんね が言えない時の旦那は言葉の代わりに私が好きなお菓子を必ず買ってきてくれるから
それをごめんねの代わりとして受け取ってます

言葉にしなきゃ伝わらないよ!!!!!

と私も昔よく言っていましたが、同じ想い がそこに詰まっているのならどんな形であれ受け取る様になりました^ ^

なのでその場では感情に任せて吐き出します

子は母を選べないと聞いたことありますが、

深い話しになると

どんな人も親を選んで生まれてきていると私は思っています。

(私は絶対こんな親選んでないわ!
って親を恨んでいたりする方も実はこの親を通して体験したかった感情や経験をしているのだと思っています。自分の使命を果たす為に必ず感じなければならない感情を学んでいるのだと思います。憎しみや悲しみなども)

↑上手く言葉に表現出来ない( ´ ▽ ` )ノ

分かる人にだけ分かればいいか!

だから

子どもにこうしたらこんな将来を歩んでしまわないかなとか

私が怒ったら子どもも怒りん坊にならないかな?

これをさせていた方が子どもの為かな?
なんて未来の不安をベースに考えても
結局はやってもやらなくても子どもが自分で好きな方に歩んでいきますからね

何をしてもしなくても100%あなたはこうなります!
という未来なんてないもん^ ^

だから今思うこと、感じることを子どもと共有するだけでいいのかな

という

私の(どうでもよかろう)子育て日常の一部でございました(笑)

あっ!!!!!

最後に告知させてくださーい♡

3月3日(土)のひな祭りにひちもちフェス開催します♡

内容はといいますと、

女性器のケア方法や女性器に関するお悩み(尿漏れ、性交痛、デリケートゾーンの匂いなど)への改善やアプローチ、女性性を開花させもっと豊かな人生を歩んでいきたい方など女性の方皆さんにお伝えしたい内容盛りだくさんの内容となっております( ◠‿◠ )

助産師、理学療法士のプロフェッショナルな方がお話ししてくださいます♡

そして

な、、、な、なんと!

私も喋ります!!!!!!

とても有難いことに

登壇させていただく事になりました♡

わーーーい♡

是非、一緒に成熟した大人の女性へステップアップしていきましょうー( ◠‿◠ )♡

詳細、お申込みはこちらから▷

もしくは私にメッセージ下さい( ◠‿◠ )

お待ちしております♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする