お肌のタッチは○○のタッチと同じ

約1万人以上のお肌のケアをさせていただいて

大体どんなお手入れ方法が良いかその方の性格とお肌に合った

化粧品の選び方やケアが分かるようになりました。

そして!!!

この仕事をしていたからこそ気づいた事が一つ!!!!!!

膣の柔らかさや形も人それぞれ違うという事!!!!

(私の勝手な思い込みで皆一緒だと思っていた w|;゚ロ゚|w)

※デリケートゾーンの脱毛を担当していました

そして更に!!

お顔と同じくらい皮膚が薄くセンシティブなの!

お肌は約0.6mmくらいの薄さで人体の皮膚の中で最も薄い部位と言われています。

それくらい皮膚の薄い部分をメイクを落とす際などに擦ったり、強い圧をかけてしまうと

くすみや色素沈着が起こります。

同時に皮膚がたるむ原因にもなりますね。

いうことは???

デリケートゾーンは????

私もこの事実に気付いたのが3年前

体を洗う

コレ

で表面洗っていました ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

(今日すでにゴシゴシ洗ってしまった方。。。お疲れ様です。。笑)

みなさん自分のデリケートゾーンの洗い方を思い出して見てください

思い出せないくらい無意識に洗っている方は・・・

OUT—–!!!Σ(|||▽||| )

(先ほども言いましたが お顔と同じくらい皮膚薄いです)

ショーツや衣類の摩擦

間違ったお手入れによる色素沈着

生理中のナプキンによる圧や排血による経皮毒

ただでさえ日常生活の中で刺激がかかる部位です。

そこを体を洗うボディーソープでゴシゴシこするなんて (´Д`|||)

何でお顔は専用の洗顔を使うのに

とてもデリケートな膣は体を洗う洗浄力の強いボディーソープなの?

なんです。

だってね、

経皮吸収みてください

頬13倍に対して陰部42倍ですよ?????? (」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」

この意味分かりますよね??

良いものも悪いものも腕に対して陰部42倍も経皮吸収しちゃうんですよ!!!

今までのケアが恐ろしいですよね

そもそも

ご自分のデリケートゾーンご覧になった事ありますか??

意外ときちんと見た事がない人(日本人なら)多いと思います

膣周りの色合いや形、肌質も様々なんです。

それぞれの個性なので違いを気にする必要はありませんが

自分の体を見て知って

そこから感じるものを受け取ってみて欲しいのです

膣口ってこんな形だったんだ!

こんな小さい穴から子どもが生まれたのね!

う〜んなんかいやだな〜

何でもいいと思います

まずは向き合ってみることから^^

じゃあケアはどうしたらいいの?

どうやるの?

少しずつですが情報発信していきますので

お付き合いくださいね♡

今日は眠いのでここまでにします。(・x・)

おやすみなさい❤︎

(あ!とりあえず明日から膣は優しく手で洗いましょうね♩)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする